ページの本文へ

マッサージ・鍼灸・整体・温灸は、沖永良部島【あさと健康院】ゆうゆう市近くTEL 0997-84-3778

ブログ お灸猫日記

ホーム > ブログ > 健康についてのお話し > 梅雨前線と病気

梅雨前線と病気

2014年5月15日  健康についてのお話し,生活   2件の返信

梅雨に入りました。ここ10日ほど雨が続いています。
30~40日ほど梅雨前線が停滞します。
前線が北に上がったり南に下がったりして島の上を前線が行ったりきたり。
気圧に敏感な私(貴子)は、梅雨に入ってから頭痛がしています。

「バイオウェザー」というサイトがあります。
その中で立正大学地球環境科学部教授 福岡義隆先生が天気と健康について
解説をしているコーナーがあり、前線と病気について紹介されていました。

zensen[1]

寒冷前線通過直後に運んでくる病気
→リウマチ、関節炎、ぜんそく、狭心症、高血圧症、腹痛

温暖前線通過しながら運んでくる病気
→腰痛、集中力不足、気分の落ち込み、頭痛、持病のない人にも影響を与える

梅雨時期の病気の特徴
→寒冷前線と温暖前線があわさるため、様々な病気や症状がでる
気圧の急激な変化により血管が膨張して脳を圧迫することで頭痛が起こります

梅雨時期はいろいろな症状がでやすい時期ですが、しっかり養生する時期と
とらえてみてはいかがでしょうか。

貴子

梅雨前線と病気」への2件のフィードバック

  • 保坂修子

    今日は、お久しぶりです。
    ひと月ほど前HPの開設を知りました。健康院は繁盛の様子、お三方は元気のようでなによりです。貴子さん、湿気の影響はどうですか。
    私は六月は体調が悪くなる月です。前線のせいと思う。
    住んでいるは海は見えませんが、桑の木がそちこちにあって今実をつけています。
    熟れたのを見つけて勝手に頂戴しています。

    時々HP,のぞきますね。  保坂

    返信
  • asato 投稿作成者

    こんにちは。エラブに来て1年になりました。
    エラブに住んで私の個人的な感想ですが、気圧の変化が多いなあと思います。
    特に春から梅雨にかけては頻繁な感じがします。
    昨晩は台風と梅雨前線の通過という気圧変化のダブル攻撃。
    今度、気圧計を入手して計測しようと計画中です。
    エラブの気候と体調の変化との関係性がわかればと思っています。

    返信
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ページの先頭へ