ページの本文へ

マッサージ・鍼灸・整体・温灸は、沖永良部島【あさと健康院】ゆうゆう市近くTEL 0997-84-3778

ブログ お灸猫日記

ホーム > ブログ

運動ってなんだ?

2020年2月12日  健康についてのお話し   コメントをどうぞ

「運動は体に良い」「適度な運動は病気の予防になる」等よく言われておりますが、
そもそも、運動ってなんでしょう?
筋肉を動かすことでしょ、というのが今までの答え。
それが今回、新たな発見があったというのです。

以前から運動が脳機能の予防・治療に極めて重要であることはわかっていましたが、運動が脳の健康を維持する仕組みはよくわかっていませんでした。また、脳に限らず、運動は身体のほとんどのすべての臓器・組織において炎症・老化を抑制する効果があることはわかっていましたが、その仕組みもよく分かってはいませんでした。

そのメカニズムの一部を、国立障害者リハビリテーションセンター研究所が解明しました。

国立障害者リハビリテーションセンターによるプレスリリース より抜粋
http://www.rehab.go.jp/hodo/japanese/news_2019/news2019-03.pdf

“衝撃”の事実! ジョギング・ウォーキングの効果は、脳への“衝撃”によるものだった!!頭への適度な“衝撃”が脳機能を調節・維持することが明らかになった!!!

国立障害者リハビリテーションセンター研究所運動機能系障害研究部分子病態研究室と東京大学などとの共同研究グループは、軽いジョギング程度の運動中、・・・頭部への物理的な“衝撃”が脳機能の維持・調節に関係していることを、その背景となる分子のしくみと共に世界で初めて明らかにしました。

・・・

この研究で「衝撃」が健康維持に関わっていることを証明しました。
ドンドンすることが健康によいとは思いもよりませんでした。
祭りや、サッカーの応援や、ロックバンドやアイドルの声援で音楽に合わせてぴょんぴょん跳んでいるのも健康によいのですね。


2020あしきぶふぇすた

2020年1月23日  お灸教室,季節,沖永良部島,生活   コメントをどうぞ

1月19日(日)谷山あしきぶ公園で、あしきぶふぇすたが開催されました。
あさと健康院も初出店。

マッサージ&お灸体験をしてもらおうとブースを準備しました。
当日はポカポカ陽気になり、たくさんの方にご来場いただきました。

あさと健康院ブースにも来場者が途切れることなく来ていただき、
マッサージやお灸を体験していただきました。

お灸は初めてという方が多く、最初は「熱くないの?」と少し不安な
様子の方もいらっしゃいましたが、手軽に簡単に短時間で気持ちいいお灸を
できる知って、ぜひ家でもやってみたいと、その場でお灸を購入して帰られる
方がとても多くて、私たちもとても嬉しくなりました。

屋外の気持ちのいい公園でのマッサージはまた格別でココロもカラダも
リフレッシュしていただけました。


ランナーのためのお灸セルフケア教室開催します

2020年1月15日  お灸教室   コメントをどうぞ

ランナーのためのお灸セルフケア教室を開催します。

足や内臓に疲れを残さないための、お灸のツボを教えます。
場所は、大城の旧赤土cafe(あーみちゃcafe)で行います。
申し込みは当院まで。

3月15日にはエラブジョギング大会が開催されます。
申し込み締め切りは1月末です。
今からお灸でセルフケアしながらチャレンジしてみませんか?



「あしきぶふぇすた」出店します

2020年1月10日  お灸教室,その他,生活   コメントをどうぞ

あしきぶふぇすたvol.5
あさと健康院初出店!

日時:2020年1月12(日) 12:00~15:00
場所:谷山あしきぶ公園
※雨天時延期の場合は19(日)

◆「はじめてのお灸」教室 200円/回
お灸セルフケアのためのツボの選び方、お灸体験

◆マッサージ体験 無料
ちょっと興味があるけど・・・という方、お気軽にお越しください。

今年もエコでロハスなピクニックを一緒に楽しみましょう!
楽しい企画も満載です


明けましておめでとうございます

2020年1月1日  季節   コメントをどうぞ

明けましておめでとうございます

今年も皆様が1日1日健やかな日がおくれますよう、健康管理のお手伝いをさせていただきます。

人のからだと向き合っていると、痛みとは?治すとは?自然とからだの関係とは?そもそも生とは?死とは?私とは?記憶とは?時間とは?・・・果てしない疑問がわいてくるのです。そしてその疑問に対して、最新の科学医学でもわからないことだらけなのです。

そのわからないことをわからないと認める、とても大切なことだと思います。わからないことに恐れを感じる、自分のチカラ不足を自覚する、知りたいと努力する、違いを受け入れる、変化を感じる、現実を否定しない。

元旦からなにやら難しい話しを書いてしまいましたが、精一杯からだを動かし、最良の道を探りたいと思います。


お灸セルフケア教室開催しました

2019年12月28日  お灸教室   コメントをどうぞ

令和元年12月26日に大城のあーみちゃさんで、お灸セルフケア教室「お灸cafe」を開催しました。

今回もお灸入門編ということで、基本のツボへお灸をやっていただきました。

からだにはおよそ360のツボがあると言われていますが、お灸が難しいと思われる理由に「どこにやったらいいかわからない」というご意見があります。確かに、ツボの数も多いですし、同じような効果をもつツボがいくつもありますから、迷うのは当然です。

そもそも「ツボ」はどのようにみつけだされたのでしょうか?

ツボは、何千年もかけて、何百万何千万人というからだを通して得た、「このポイントを刺激したらこんな症状が改善した」という情報の集大成です。時代とともに使いやすいよう系統化し、マニュアル化し現代にまで受け継がれてきました。日本でも明治までは医師だけでなく、庶民にも広く利用されてきました。ツボは症状を改善するためのポイントの「めやす」ととらえていただければと思います。

初めてお灸をされる方は、まずは「めやす」を利用していただき、少しずつご自身のからだの感度を上げていってもらいたいと思います。


お灸教室 初めてのお灸編

2019年12月11日  お灸教室   コメントをどうぞ

お灸教室を開催しました。

今回も大城にある、あーみちゃさんで、
赤ちゃん連れのお母さんも含め、皆さん
ご自分でやるお灸は初めての方5名で行いました。

早速、お灸。
「万能ツボ」である「合谷(ごうこく)」に
最初はちょっと恐る恐る。

熱かったらガマンしないでくださいねーと
声かけをして始めたのですが、そんなに熱がらない。
「うーん、大腸の調子がよくないのかも・・・。」
とお話しながら、次のツボに。

次は女性には必須のツボ「三陰交(さんいんこう)」。
左右の三陰交にすえてもらうと「左だけ熱い!」という方が。
からだの場所によって熱く感じるところと、熱く感じないところが
あるという説明と、それがいわゆる「ツボ」であるお話をしました。

手と足にお灸をしたところ、ある参加者の方が「ここに来たときは
肩がはっていたのに、今はスッと楽になったみたい」と
早速お灸効果を感じられていました。

あーみちゃさんでのお灸教室のお楽しみは、お茶&お菓子。
今日は島バナナを練りこんだできたてドーナツでした。
中がふんわりして美味しくいただきました。

少人数で行うお灸教室は、来年1月からも毎月開催します。
入門編だけでなく、テーマを決めた教室も開催予定です。


妊婦さんのマッサージ2

2019年11月17日  受けてよかった・来てよかった,治療,症例   コメントをどうぞ

腰痛で通院されていた妊婦さん。
仕事や家事、上のお子さんの育児を抱えての妊婦生活。
なかなか養生もできません。皆さんきついからだで頑張ってました。

腰痛で来院された妊婦さんの上のお子さんたちの出産はというと、なかなかハードな出産の方が多く、大変な体力の消耗により、その後の母乳の出や育児にも影響がありました。

そんな皆さんの今回の出産は・・・。

安産!(^^)!

今のところ全員。しっかりと陣痛があり、パッと生まれる。
体力の消耗も少なく、母乳の出もいいので、赤ちゃんも良く飲み良く寝る。そうするとお母さんの睡眠時間もたっぷりとれてまた元気。晴れやかなお母さんの顔を見ると、ほんとうにホッします。

当たり前ですが、妊娠はお腹が大きくなるだけではないのです。
妊娠初期、中期、後期、出産時、授乳期とホルモンが次々と変化していきます。
短期間でからだと心が大きく変化していくので、痛みや不安が現れやすいのです。
そうした痛みや気持ちを和らげるには、マッサージやお灸がピッタリです。
お母さんの気持ちが安定すると赤ちゃんも安定します。
妊婦さん、産後のママさん、我慢せずにご相談ください。


妊婦さんとマッサージ1

2019年10月31日  治療,症例   コメントをどうぞ

沖永良部もすっかり涼しくなりました。それでも半袖ですが。

妊婦さんで腰痛を訴える方が時々来院されます。
妊娠4,5カ月から臨月まで続き、痛みは赤ちゃんが大きくなるほどひどくなります。仕事や上のお子さんの世話をしながらのお母さんが多いです。

そもそも「妊婦さんはマッサージができるの?」とのご質問をいただきますが、
できます。
一般的なマッサージと比べて、力を弱めて、姿勢は基本横向き、ほぐすより血流促進が主になります。

さて、妊娠するとからだは劇的に変化します。ホルモンが変わるからです。
まず脈が変わります。力強くコロコロとした脈になります。
骨盤が締まります。動きません。だから腰痛もひどくなります。
そのかわり大きくなった赤ちゃんが骨盤にがっちりと乗ってきても大丈夫。
そして凄い勢いで大きくなる赤ちゃんのために、自分の血液を提供しづづける母体の内臓もフル稼働。

妊婦さんによっては、劇的なからだの変化がおこることで、痛みや不安感、疲労感を感じる方がいます。
そこで、すこーしだけその変化の圧を逃してあげるマッサージと、フル稼働している内臓を補うお灸をします。

先の患者さんも、腰痛で来院されていましたが、むくみや疲労感もありました。
施術が終わると、本当にスッキリした血色の良いお顔で毎回お帰りになっていました。

腰痛を乗りきりいざ出産へ。これはまた次回に。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

東洋医学では「脈診」というのがあり、脈をみて患者さんの状態を知ります。
2000年以上前レントゲンも血液検査もありませんでしたが、かなり的確に病態を特定できていたと思われます。肌、舌、腹、脈などの状態の変化と病態との関係を、多くの臨床からマニュアル化してきたのです。その中に妊娠したときの脈も記載されており、妊娠するとその通りの脈が現れます。
韓流ドラマでは王妃様の脈を医者がみてご懐妊を告げるシーンが時々見られますね。私も以前、妊娠を希望されていた患者さんの脈がある時変わったので「もしかしたら…」とお知らせしたところ、妊娠が判明したことがありました。


ページの先頭へ