ページの本文へ

マッサージ・鍼灸・整体・温灸は、沖永良部島【あさと健康院】ゆうゆう市近くTEL 0997-84-3778

ブログ お灸猫日記

ホーム > ブログ > 症例

カテゴリー別アーカイブ: 症例

妊婦さんのマッサージ2

2019年11月17日  受けてよかった・来てよかった,治療,症例   コメントをどうぞ

腰痛で通院されていた妊婦さん。
仕事や家事、上のお子さんの育児を抱えての妊婦生活。
なかなか養生もできません。皆さんきついからだで頑張ってました。

腰痛で来院された妊婦さんの上のお子さんたちの出産はというと、なかなかハードな出産の方が多く、大変な体力の消耗により、その後の母乳の出や育児にも影響がありました。

そんな皆さんの今回の出産は・・・。

安産!(^^)!

今のところ全員。しっかりと陣痛があり、パッと生まれる。
体力の消耗も少なく、母乳の出もいいので、赤ちゃんも良く飲み良く寝る。そうするとお母さんの睡眠時間もたっぷりとれてまた元気。晴れやかなお母さんの顔を見ると、ほんとうにホッします。

当たり前ですが、妊娠はお腹が大きくなるだけではないのです。
妊娠初期、中期、後期、出産時、授乳期とホルモンが次々と変化していきます。
短期間でからだと心が大きく変化していくので、痛みや不安が現れやすいのです。
そうした痛みや気持ちを和らげるには、マッサージやお灸がピッタリです。
お母さんの気持ちが安定すると赤ちゃんも安定します。
妊婦さん、産後のママさん、我慢せずにご相談ください。

妊婦さんとマッサージ1

2019年10月31日  治療,症例   コメントをどうぞ

沖永良部もすっかり涼しくなりました。それでも半袖ですが。

妊婦さんで腰痛を訴える方が時々来院されます。
妊娠4,5カ月から臨月まで続き、痛みは赤ちゃんが大きくなるほどひどくなります。仕事や上のお子さんの世話をしながらのお母さんが多いです。

そもそも「妊婦さんはマッサージができるの?」とのご質問をいただきますが、
できます。
一般的なマッサージと比べて、力を弱めて、姿勢は基本横向き、ほぐすより血流促進が主になります。

さて、妊娠するとからだは劇的に変化します。ホルモンが変わるからです。
まず脈が変わります。力強くコロコロとした脈になります。
骨盤が締まります。動きません。だから腰痛もひどくなります。
そのかわり大きくなった赤ちゃんが骨盤にがっちりと乗ってきても大丈夫。
そして凄い勢いで大きくなる赤ちゃんのために、自分の血液を提供しづづける母体の内臓もフル稼働。

妊婦さんによっては、劇的なからだの変化がおこることで、痛みや不安感、疲労感を感じる方がいます。
そこで、すこーしだけその変化の圧を逃してあげるマッサージと、フル稼働している内臓を補うお灸をします。

先の患者さんも、腰痛で来院されていましたが、むくみや疲労感もありました。
施術が終わると、本当にスッキリした血色の良いお顔で毎回お帰りになっていました。

腰痛を乗りきりいざ出産へ。これはまた次回に。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

東洋医学では「脈診」というのがあり、脈をみて患者さんの状態を知ります。
2000年以上前レントゲンも血液検査もありませんでしたが、かなり的確に病態を特定できていたと思われます。肌、舌、腹、脈などの状態の変化と病態との関係を、多くの臨床からマニュアル化してきたのです。その中に妊娠したときの脈も記載されており、妊娠するとその通りの脈が現れます。
韓流ドラマでは王妃様の脈を医者がみてご懐妊を告げるシーンが時々見られますね。私も以前、妊娠を希望されていた患者さんの脈がある時変わったので「もしかしたら…」とお知らせしたところ、妊娠が判明したことがありました。

クーラー + 汗 = ???

2019年6月27日  健康についてのお話し,生活,症例   コメントをどうぞ

6月22日は「夏至」でした。
沖永良部も梅雨明け間近。暑い暑い夏がやってきます。

そこで怖いのが「冷え」。

えっ!夏なのに「冷え」?と思われるでしょう。
一般的に「冷え」は冬の症状ですが、沖永良部の冬は温暖で、底冷えもなく足元から深々と冷えるなんてことはありません。寒さでカラダがかたくなることもあまりありません。
沖永良部の「冷え」は、夏の扇風機、クーラーです。

さて、クーラーなどによる「冷え」と、汗の「湿」。
重なると何が起こる?

「冷え」+「湿」 = ???

答えは「痛み」です。

例えば、屋外で仕事して汗で濡れた服のまま車に。暑いのでクーラー全開。しばらくすると腰から太ももにかけて痛みが…。

別の例。自宅でシャワーを浴び、あまりカラダを拭かずにクーラーの近くで涼んでいると、急に肩が痛み頭痛も。

さらに。腰の疲れをとろうと湯船にしっかり入りカラダを温める。入浴後は汗をたくさんかいたがそのままクーラーをつけて就寝。夜中に腰痛で目が覚める。

これらは汗や水で体表が濡れた状態で風にあたり、気化熱でどんどん体表が冷えて急激に筋肉がかたくなり、痛みがでたのです。また夏は毛穴が開いているので、冷気も入りやすいのです。けっこう島生活では”あるある”です。

気を付けていただきたいのは、

濡れたカラダで扇風機やクーラーにあたらない!
濡れた服はこまめに着替える!

痛みのない夏を!

農作業による首の痛み

2014年3月1日  治療,症例   2件の返信

3月に入り、じゃがいもの収穫の最盛期を迎えようとしています。
じゃがいもは、島の特産品の1つで、2月~3月にかけて収穫し、1番早い“新じゃがいも”として市場にでされます。

IMGP1444

収穫はまずトラクターでじゃがいもを掘りだし、そのじゃがいもを人の手でかごに入れ、トラックまで運ぶ作業を繰り返します。何トンもの収穫を行いますので重労働です。トラクターを運転している方は、芋の掘り出しの状況を確認するため、絶えず後ろを振り向きながらの作業になります。

症例)左首の痛み 60代 男性
トラクターでの農作業後に左首に痛みを感じ、痛みで首が回らなくなり夜も眠られないということで来院されました。トラクターに乗って振り向きながら作業した影響と考えられました。首筋から肩、肩甲骨にかけての筋肉が硬く張り、腰の筋肉も左右のバランスが崩れていました。施術はお灸と鍼を行い、2回で痛みが軽減し、夜も眠られるようになりました。

ページの先頭へ